2014/08/10

Tromso Olympiad 7th round Japan - Ghana


この日は信じられない逆転負けをCarlsen が喫し、ノルウェーはドイツに敗れました Photo by Hasegawa

後半戦の第2局は、アフリカのガーナと対戦です。私自身、このオリンピアードではクウェート、グアテマラ、トリニダード・トバゴ、ガーナと初対戦となる国が多くなっています。昨年数えたときは、対戦したことのあるプレーヤーの国籍数は100弱でしたが、現在はそれを超えているでしょうね。それでは棋譜解説へ。

Kojima, S (FM, JPN, 2373) - Anquandah, F (GHA, 1963)
Tromso Olympiad (7)

1. Nf3 Nf6 2. c4 e6 3. Nc3 b6 4. e4 Bb7 5. Bd3



このオープニングは以前、日本で馬屋原くんと一度だけ指したことがありますが、今回はたまたま6R で指すかもしれないと思って調べ直していました。

5... d6 6. Bc2 e5


ここは6... c5 7. d4 cxd4 と進み、Hedgehog Position にするのが黒としてはベターでしょう。

7. d4 exd4 8. Nxd4 g6 9. O-O Bg7 10. Bg5 O-O 11. Qd2 Re8 12. Rae1 Nbd7 13. f4 h6 14. Bh4 Qc8?! 15. Nf3?!



試合中、Qd8-Qc8 と黒がしたことで、白の狙いであるe4-e5 に備えていると思いましたが、それは全くの勘違いで、逆にe4-e5 が効果的になります! 15. e5 dxe5 16. fxe5 Nh7 17. e6! こうして白は黒キング前のディフェンスを崩壊させ、楽に勝つことができました。Qd8-Qc8 はピンを外しているようでいて、実はf6 の守りを減らすだけでしたね...

15... Nh7 16. Kh1 Bc6 17. Nd4 Bb7 18. Nd5 Ndf6 19. Nb5?!


ここも少し仕掛け方を間違えました。19. Nxf6+ Nxf6 20. e5! Nh7 21. f5!+/- ならば、白は大きな攻撃のチャンスがあったでしょう。本譜のように、d5 でピースを交換するのはさほど白に得になりませんでした。

19... Nxd5 20. exd5 Rxe1?! 21. Rxe1 a6 22. Nd4 Qg4 23. Nf3 Bf6 24. Bxf6?!



この試合、集中していなかったか、やや緩手が続きます。24. h3! Qd7 25. Bxf6 Nxf6 26. f5!+- ならば、白は大きなチャンスを得ます。クイーンを退かせておけば、ナイトのサクリファイスが成立するので、黒はg6-g5 と突けないことがポイントです。

24... Nxf6 25. Re7 Rc8 26. Nd4 Kf8?


これが決定的なミスで、私はようやく勝ちを確信しました。26... Re8! 27. Rxe8+ Nxe8+/= ならば、形勢はやや白良しながら、ゲームはまだ続きそうです。

27. Bd1!



少し前から、どうにかしてクイーンをトラップできないか頭をひねっていましたが、この形であれば力強いディスカバードアタックが決まります。

27... Qh4 28. Nf3 Qg4 29. Ng5! Qf5


29... Qxd1+ 30. Qxd1 Kxe7 31. Nf3+- でも白勝勢であることは疑いようがありませんが、すぐにゲームが終わるわけではありませんでした。

30. Rxf7+ Kg8 31. Bc2 Qg4 32. Rxf6 hxg5 33. Rxg6+ Kf7 34. Qd4 Rg8 35. Qf6+ 1-0



最後はきっちりメイトにして勝負を決めました。途中、相手の手を見てあさほど強くないことはわかりましたが、決定的なアドバンテージを得るのに不必要に手間取ってしまったことは、この試合の反省点です。

156 Ghana (GHA) - 90 Japan (JPN) 0 : 4

46.1 Hasford, John Kojo 2055 - CM Nanjo, Ryosuke 2344 0 - 1
46.2 Anquandah, Francis Eric 1963 - FM Kojima, Shinya 2373 0 - 1
46.3 Jamena, Joseph Mensah 0 - FM Watanabe, Akira 2252 0 - 1
46.4 Thompson, Edward Nii Lamptey 1854 - Mitsuya, Naoto 2024 0 - 1


ガーナを相手に他の3人も全員が勝利で、久々の4タテです! チームも初の勝ち越し状態に入り、明日からいよいよ佳境に突入します。

104 Japan (JPN) - 125 Cameroon (CMR) 4 : 0

60.1 Hashimoto, Azumi 1712 - Magne, Sylviane Kouokam 0 1 - 0
60.2 WCM Hoshino, Karen 1738 - Tchouateu, Tankeu Stephanie 0 1 - 0
60.3 Amamiya, Anna 0 - Nga Tsimi, Ariane Erika 0 1 - 0
60.4 Wakabayashi, Hisako 1449 - Koussing Nguepnang, Ingritte 0 1 - 0


女子チームもカメルーンを相手に全勝です! 相手は全員レイティングがないだけに不気味な相手でしたが、試合を見る限りは皆、問題の無いゲームでした。これで2R 以来となる、男女揃っての勝利です。残り4戦、弾みをつけて試合に臨みたいですね。

そしてここで1つ、日本チームに嬉しいニュースです。女子チームの3B でプレーしていた雨宮さんが、カメルーン戦での勝利で個人戦績が4/7 となり、Woman Candidate Master のタイトルを獲得することが確定しました! さらに残り2試合で連勝、もしくは3試合で2勝1ドロー以上ならば、日本ではまだ1人しかいないWFM のタイトルを獲得します。ここまできたら、残り試合も頑張ってもらいたいですね。

今日の8R は男子チームが、全員GM のスウェーデンと対戦! Modern Player にとってはTiger、French Winawer Player にとってはEmanuel Berg と、憧れのプレーヤーが揃っています。今大会はさほど調子が良くないようですので、なんとかポイントを削ってこなければいけないですね。一方で女子チームはライバル、韓国と激突です。10代が中心の若いメンバーで構成された隣国と、どのような対戦を見せてくれるか、楽しみにしています。


この日、日本チームは会場端のロープ際の席だったため、日本チームのカメラウーマンも撮影が捗ったようです(笑)


オーストラリアチームは、GM 3人を擁するメキシコを3.5-0.5 という驚異的なスコアで下しました! 写真右端のAnton Smirnov は、若干13歳ながら、このオリンピアードで早くも5勝目を挙げ、レイティングを2400 に乗せてIM タイトル獲得が確定したそうです。Great!


会場には地元の子供たちの作品でしょうか、出場各国のレポートが張り出されています。日本は予想通り、Kimono, Fuji Mountain, Sushi などなど。しかし、この写真は日本の着物ではないような...(笑)

4 件のコメント:

ピカチュウ さんのコメント...

8Rはロンドンクラシックで対戦したスウェーデンの虎さんとの再戦ですね▼o・~・o▼これは見ないと・・汗

https://chess24.com/en/olympiad2014/live/olympiad2014open/8/28/2

ピカチュウ さんのコメント...

33手目...g6 うまいことドローに持ち込めるのでしょうか・・? ▼o・~・o▼

ピカチュウ さんのコメント...

2012年に虎さんに食べられたのは Reiji Takahashi さんでした・・・ ▽o・~・o▽ m(_ _)m

ピカチュウ さんのコメント...

白番渡辺さんのゲームは黒の20手目が悪手だったようでポーン突き出しがknight fork狙いの強烈な一撃となりGM Tikkanenを撃沈

https://chess24.com/en/olympiad2014/live/olympiad2014open/8/28/3

コメントを投稿

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.