2018/06/14

Tournament Schedule in 2018


懐かしのブダペストにももうすぐ戻ります。

今年から来年にかけて、参加できそうな大会の目星が大体ついてきました。まだ確定ではなく、試合の結果次第では変更もあり得ますが、今のところ私が興味を示している大会をご紹介します。

2018/7/15-16 Summer Open in Tokyo

ビッグトーナメントではありませんが、今のところは参加しようかと思っています。昨年は初戦で海外のかたに負けたのでした... 今年は気を引き締めなおしてプレーします。

2018/7/29 中部快速オープン in Nagoya

名古屋で開催される名古屋オープンや中部快速オープンは、ここ数年ほとんど参加していますね。例年通り、25分+10秒を6局ですが、今年は東海地区にチェスクラブが誕生して50周年ということで、賞金がアップするとのことです。11月の名古屋オープンは、海外にいる時期のため参加できずに残念ですね。

2018/8/11-14 Japan League in Tokyo

日本ではまだ貴重なFIDE公式戦の機会であるジャパンリーグも、例年通り参加予定です。今年も中国から誰が来るか楽しみですね。翌月のオリンピアードに向けて、弾みをつけられるような結果を残せればと思います。

2018/8/18 国際親善チェス大会 in Niigata

今年も声がかかりましたので、新潟のチェス大会にも参加してこようと思います。先日、ちらっと中国から誰が来るのか情報が流れましたが、公式の発表はまだのようでので、私からも控えておきます。持ち時間の短い非公式戦ですが、GMたちとの対戦に刺激を受けてきたいと思います。

2018/9/16-17 クラブ選手権 in Tokyo

全くのノープランです(笑) どこかから声がかかれば検討します。

2018/9/23-10/6 Batumi Chess Olympiad in Batumi

ここから海外大会です。オリンピアードの情報はちょこちょこ出していますが、チームメンバーも決まり、航空券も確保し、Misha とのトレーニングも始まって、いよいよオリンピアードが近づいてきたという感じがします。特筆することは現時点ではないのですが、今年最大のビッグイベントですので、しっかりと準備をして臨みたいと思います。

2018/10/7-16 First Saturday GM in Budapest

懐かしのブダペストにこの秋から戻ります。先日、正式にエントリーを済ませ、10月のFS に参加することが決まりました。オーガナイザーには11月、12月も参加する意思があることを伝えています。ここでのGMトーナメントの結果次第で予定変更はありえますが、ひとまず年内の3か月は、ハンガリーとモンテネグロを往復しようかと考えています。試合会場は以前と変わって遠くなってしまいましたが、バスのルートを発見できたので、ブダペストではまたアンダンテ滞在になる可能性大です。

2018/10/20-28 Third Saturday GM in Denovic

初参加となるモンテネグロのGMトーナメントも、オーガナイザーと話を進めて年内3か月はエントリーをしています。ドブロヴニク経由でブダペストと往復するのは大変そうですが、まずは10月に参加してみて感触をつかみたいですね。

2018/11/3-13 First Saturday GM at Budapest
2018/11/17-25 Third Saturday GM at Denovic
2018/12/1-11 First Saturday GM at Budapest
2018/12/15-23 Third Saturday GM at Denovic

2018/12/27-1/5 Rilton Cup in Stockholm

そして今年最後を締めくくる大会として考えているのは、スウェーデンのRilton Cup です。以前は違ったと思いますが、今年は上位セクションは2200以上だけが参加できるそうです。オープン大会であるRilton Cup は、GMトーナメントよりも圧倒的に参加費が安い(IM は無料です)にもかかわらず、ある程度のレベルが保証されているので、GMノームのチャンスも十分にありそうです。厳しい戦いになるとは思いますが、年末までに今以上に力をつけて、2018年最後の大会を迎えたいですね。

年明け以降の手頃な大会もすでに見つけていますが、また近くなってからの発表にしようと思います。今年後半は久々にFIDE公式戦が続くハードな日常になりそうですが、それを楽しみに今年の夏を日本で過ごそうと思います。もう3か月と少し、日本の大会でもよろしくお願い致します。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.