2018/11/12

First Saturday GM November 2018 R8

もうこれ以上は負けられないトーナメント終盤戦、私はカナダのFM Ghannoum と対戦します。ベテランのプレーヤーですが、データベースに試合は少なく、何でも指してきそうなタイプでしたので、準備にさほど力を入れずにリラックスして対局に臨めるようにしました。

Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
First Saturday GM November 2018 (8)

1. e4 c6 2. d4 d5 3. e5 Bf5 4. h4 h5



2RでのKotronias戦以降、4... Qc7ラインに上手くいく自信がなかったため、久々にこちらの手を指してみることにします。Ghannoum は思った以上に、最新定跡に詳しかったです。

5. Bd3 Bxd3 6. Qxd3 e6 7. Bg5


h7-h5 を突かせたことで弱くなったg5 のマスを利用するのが、このラインの特徴です。このマスのコントロールは、ゲーム終盤まで重要なポイントとなります。

7... Be7 8. Nf3 Nh6 9. Nc3 Nf5 10. Ne2 c5 11. c3 Nd7



11... cxd4 からすぐに局面を開くことも考えましたが、このゲームはじっくりと構え、チャンスをうかがうことにしました。

12. O-O-O Rc8 13. Kb1 cxd4 14. cxd4 g6 15. Rc1 Rxc1+


こうして見るとcファイルを開いたことは白にとってプラスになっているように見えますが、これは黒にとって問題ありません。

16. Rxc1 Bxg5 17. Nxg5



これはなるほどと思ったです。17... Nxh4 18. Qa3 と進めば、キャスリングができず、cファイルも取られた黒は危険です。

17... O-O 18. g3 Nb8!


前日の試合ではできなかった、ベストのナイトマヌーバリングできました。一度d7 に出したナイトをc6 に切り替え、d4 のポーンをターゲットにします。

19. Qb5 Qe7 20. Qc5 Qxc5 21. Rxc5 Nc6



これで黒はひとまず満足なポジションになりました。クイーンを含め、十分にピースを交換したことで白のアタックチャンスは激減しています。ここからはゆっくりとd4 を攻撃する作戦を考えます。

22. Kc1 Rd8 23. Kd2 Rd7 24. Nf3


このナイトがd4 を守るために退くか、それともf7 を攻撃するためにg5 にいるかで状況は全く違います。

24... Kf8 25. a3 Ke7 26. b4



このポーンを突いてくることは予想していましたが、c4 のマスとa3 のポーンが弱くなります。なんとかナイトでこれらを狙いたいところです。

26... Kd8 27. Kd3 Rc7 28. Ng5?


このナイトの跳び込みはダメだと判断しての、Rd7-Rc7 です。私が読んでいたのは、28. b5 Na5 29. Rxc7 Kxc7 30. Ng5 Nh6 という変化で、黒はキングをe7 まで戻してf7 を守り、再びNe7-Nf5 からd4 を攻撃します。ルークを交換して黒にとって良いのかは自信がありませんでしたが、他にどこからアクションを起こすのかが分かりませんでした。

28... a5!



これが白の見落としていたアイディアで、Nf3-Ng5 がいけなかった理由です。b4 のポーンが動くとルークの守りが減るため、Nc6-Nxe5+ が成立します。

29. Rb5 axb4 30. axb4


これでb4 のポーンがターゲットとなり、さらにはそれを守らなければいけないルークが悪い位置です。私はこれを利用して、黒がチャンスを拡大できるはずだと信じました。

30... Kc8! 31. Nf3 Kb8 32. Nc3 Nfe7!



白のナイトさえc3 に退かなければ、Kb8-Ka7-Ka6 とキングでルークを攻撃するつもりでした。これがc3 にナイトがくると、32... Ka7 33. Ra5+! という妙手が生まれます。そこで作戦を変更し、ルークに逃げられても黒がチャンスを作れるようにします。

33. Na2 Nc8! 34. Rc5 b6! 35. Rc3 N8a7!


時間ぎりぎりでこの手の流れを見つけ、黒がはっきり優勢になったことを確信しました。b4-b5 を抑えることでルークを残してf7 が負担にならないようにし、さらにはナイトをb5 に置いて再びd4 を攻撃できるようにします。Nf5-Ne7-Nc8-Na7-Nb5 は自分でもよく思いつきました!

36. Ke3 Nb5 37. Rc1 Kb7 38. Rd1 Rc8 39. Kf4 Ra8!



b4 を守るため、a2 の悪い位置に置かざるをえなかったナイトをここで狙いにいきます。やはりf7 1つしか弱点のない黒と、d4, b4 の2つの弱点を抱える白では、負担の大きさが違います。

40. Rd2 Ncxd4


検討戦でIlincic には40... Ra3 もあるだろうと指摘されました。41. Ng5 Ncxd4 の際にf3 のマスを抑えられるため、42. Nxf7?? Rf3+ があります。時間切迫でこれが見えず、単純にd4 を取って駒得のエンドゲームにしました。

41. Nxd4 Nxd4 42. Rxd4 Rxa2 43. f3 Ra3!



白の希望はKf4-Kg5-Kf6 と潜り込むこと。それを断てば黒は安全に戦えます。

44. g4 Kc6 45. gxh5 gxh5 46. Rd1


46. Kg5 Rxf3 47. Kxh5 Kd7! が上手い手で、黒はe5 のポーンを取るのを急がずにキングでhポーンを止めに行けば安全に勝ちです。

46... Rb3 47. Rg1 Rxb4+ 48. Kg5 d4 49. Kxh5 Kd5 50. f4 Ke4 51. Kg5 d3 52. h5 Rb2 53. Rh1 Rg2+ 54. Kf6 d2 55. Kxf7 Re2!



このルークエンディングは間違えません。これでRe2-Re1 を見せておき、hファイルにルークを回れるようにすれば、白のhファイルのパスポーンも怖くありません。

56. Rd1 Kxf4 57. Kf6


57. Kxe6 Rxe5+ これがチェックでのポーン取りになるのも、黒の助けになっています。

57... Rh2 58. Kxe6 Ke3 59. Kd7 Rxh5 60. e6 Ke2 61. e7 Re5 0-1



こうして待望の2勝目を挙げ、借金を1つ減らして最終戦を迎えることになります。こうして久々の勝ちは本当に嬉しいですね!

11/03 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Todorovic, M (GM, SRB, 2435) 0-1
11/04 Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/05 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath Rao, S.V (FM, IND, 2357) 1/2-1/2
11/06 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309) 1-0
11/07 Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/08 Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1/2-1/2
11/09 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343) 0-1
11/10 Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 0-1
11/11 Rest Day
11/12 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Balint, V (HUN, 2299)

First Saturday GM November 2018

+4 Aczel, Kotronias
+2 Srinath
+1 Todorovic
+-0 Audi
-1 Nguyen,
-2 Kojima, Ghannoum
-3 Krstulovic, Balint

インドのSrinath がここまで力強いプレーで、GM に交じって貯金を作っています。このまま順当にいけば、彼はIM ノームが取れそうですね。私も最終戦、勝って大会を締めくくりたいと思います!

2018/11/10

First Saturday GM November 2018 R7

ベトナムのNguyen とは先月に続いて2回目の対戦です。前回は勝ちのエンドゲームで進めるポーンを間違え、惜しくもドローに逃げられてしまいました。同じ白番を持って再挑戦です。

Kojima, S (IM, JPN, 2408) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343)
First Saturday GM November 2018 (7)

1. Nf3 d5 2. d4 Nf6 3. c4 dxc4 4. e3 e6 5. Bxc4 a6!?



今回はオーソドックスな5... c5 ではなく、早めにbポーンを伸ばしてくる変化を選んできました。こちらもある程度準備して、理想的なポジションを頭に入れています。

6. O-O b5 7. Bd3 Bb7 8. Qe2 c5 9. a4


早めのb7-b5 の弱点としては、こうしてクイーンサイドから崩され、c4 のマスを明け渡してしまったり、a6 のポーンを将来的なターゲットにされてしまうことが挙げられます。

9... b4 10. Nbd2 Nc6 11. dxc5 Bxc5 12. e4



ここは12. Nb3 として先にd4 のマスをカバーしておくアイディアも考えましたが、b3 のナイトがその後でどこに行くのか迷い、c4, f3 など他のマスに行くチャンスを残しておくことにしました。

12... Nd4 13. Nxd4 Bxd4 14. Nf3 Bc5 15. e5


このeポーン伸ばしでスペースを作り、白はある程度満足です。キングサイドでもクイーンサイドでも、アクションを積極的に起こすチャンスを白は持ちます。

15... Nd7 16. Bf4 Be7 17. Rfd1 Qb8 18. Rac1!



スペースと展開の早さという2つのアドバンテージを持ち、キングサイドへの攻撃のチャンスも見せておくことで、黒のキャスリングをやりづらくしておきます。これはかなり理想的なポジションになったと確信しました。

18... Nc5 19. Bb1 Bd5 20. Nd4?!


しかし、この先が上手く指せませんでした。この20手目のポジションで、時間をたくさん使って作戦を考えました。20. Ng5 Qb7 21. Qg4 はナイトが邪魔をしてg7 を攻撃できず、b3 のマスをカバーしていないことが気になります。20. Rxd5?! exd5 21. Rxc5 (21. Nd4 Ne6!) 21... Bxc5 22. Ng5 も考えましたが、e5-e6 の押し込みは上手く成功せず、白がダブルエクスチェンジを捨てる代償は十分ではなさそうです。結局この読みに時間を使いすぎた挙句、b3 をカバーする無難な本譜を選びましたが、ベストではありませんでした。

20. Nd2! ナイトが上がるではなく、下がるが正解でした。同じようにb3 をカバーするだけでなく、Nd2-Nc4 というマヌーバリングが次にあり、d2 はd4 よりも将来性のあるマスです。20... Qb7 21. Qg4 g6 22. Bh6! これで本譜のhポーン伸ばしの流れも止めれば、白の優位は揺るがなかったでしょう。22... Nxa4 23. Nc4 Rd8 24. Qf4 として、次にd6 にナイトを入れれば大きく優勢です。c4 に跳んだナイトはb2 を守っているために、a4 を取られることを気にしなくても良い点も、本譜と大きく違います。

20... Qb7 21. Qg4 g6 22. a5?!



ここも黒に反撃のチャンスを与えないよう、22. Bh6 としておくべきでした。g6 が弱くなり、ビショップを切り込むチャンスが生まれるため、相手にhポーンを伸ばさせても良いと思っていました。

22... h5! 23. Qg3 h4 24. Qg4 h3 25. gxh3


ここまできた以上、取って勝負しかないと思いました。黒としては、一時的にポーンを捨ててもhファイルからルークが出るチャンスが生まれ、キャスリングできない問題が解決できたのでOKでしょう。

25... Rd8 26. Bg5 Bxg5 27. Qxg5 Rh5 28. Qg3 Ne4 29. Bxe4 Bxe4 30. Ne2?



しかし、20手目で時間を使いすぎたツケがここで回ってきました。時間切迫から読み抜けがあり、単純な悪手でゲームをダメにしてしまいました。試合直後はすでにこの局面はまずいのかと思っていましたが、30. f4 Qd5 31. Qe3 としてe5 を守り、g5 のマスをカバーしておけば、まだ勝負は分からなかったでしょう。

30... Rxd1+ 31. Rxd1 Bf3!


この手は考えていたつもりでしたが、予想よりもずっと強力でした。e5 のポーンが落ちて白は途端に苦しくなります。

32. Re1 Qe4 33. Qf4 Rxe5 34. Qxe4 Rxe4 35. Kf1 g5 36. b3 Kf8 0-1



最後はツークツワンクになります。白のナイトは動くと、Bf3-Bg2+ でエクスチェンジを取られてしまうため、白はどうしようもありません。今大会は要所で良いプレーができていませんが、これも勉強だと思って残り2試合に取り組もうと思います。

11/03 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Todorovic, M (GM, SRB, 2435) 0-1
11/04 Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/05 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath Rao, S.V (FM, IND, 2357) 1/2-1/2
11/06 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309) 1-0
11/07 Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/08 Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1/2-1/2
11/09 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343) 0-1
11/10 Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/11 Rest Day
11/12 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Balint, V (HUN, 2299)

First Saturday GM November 2018

+4 Aczel, Kotronias
+2 Srinath
+1 Todorovic
+-0 Audi
-1 Nguyen, Ghannoum
-3 Kojima, Krstulovic, Balint

最下位グループにきてしまいました... あと2つ、なんとか勝ちたいです!

2018/11/09

First Saturday GM November 2018 R5 & R6


5,6R の試合はまとめての更新です。5R開始直前、アービターから最終戦を8日の10時からにしてほしいと言われました。もともと最終戦の相手のAczel からは、試合を14時ではなく2時間半遅れの16時半スタートにしてほしいと頼まれていたのですが、5日目になってアービターがそれは遅すぎると判断したのです。8日は本来であれば1回目の休憩日で、私としてはゆっくり後半戦に備えたかったのですが、最終日の遅い時間はダメ、Aczel の予定で他の日は全てダメとなれば、合意するしかありません。ただし、もっと早く提案してほしかったです。

Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
First Saturday GM November 2018 (5)

1. e4 c6 2. Nf3 d5 3. Nc3



彼のこれまでのCaro-Kann 対策は、3. exd5 cxd5 4. Ne5 だったため、これは意表を突かれました。とはいえ、Two Knights Variation は私も試合経験が豊富にあります。

3... Bg4 4. d4!?


h2-h3 を遅らせてくる変化は珍しいです。これであれば、黒はビショップをf3 で交換せずにすみます。

4... e6 5. h3 Bh5 6. g4 Bg6 7. exd5 exd5 8. Qe2+



しかし、この変化がスペインのVallejo Pons が成功し、白がやや良い変化だとは知りませんでした。French Exchange のポーンストラクチャーで、白マスビショップを出せた黒が満足そうにも見えますが、まだキングサイドのピースをどう出すかという課題が残っています。

8... Qe7 9. Be3 Nd7 10. O-O-O O-O-O


ここは先に10... Ngf6 もありえますが、少し白のNf3-Nh4 の可能性を遅らせようと考えました。

11. Ne5 Ngf6??



序盤で時間も豊富にあるのに、ブリッツでもしないようなミスをGM トーナメントでしてしまいました。白のナイト跳びこみの狙いは、あくまでf2-f4-f5 であり、その前にe4 を抑えておくのがシンプルだと思い込んでいました。

12. Nxc6!+-


この手で実質的にゲームは終わりました。a6 でのチェックのチャンスは頭にあったにもかかわらず、なぜこのナイトサクリファイスをもっと警戒しなかったのでしょうか。

12... Qe6


12... bxc6 13. Qa6+ Kb8 14. Bf4+ Ka8 15. Qxc6# ナイトを取れば、ぴったりメイトです。

13. Nxd8 Kxd8 14. f4 Be4 15. f5 Qd6 16. Bg2 Bxg2 17. Qxg2 Nb6



残された私のチャンスはb2 への反撃しかありません。しかし、相手もそれは百も承知で、きちんと守られてしまいます。

18. Qh2 Qc6 19. Rd3 Bd6 20. Bf4 Bb4 21. a3 Be7 22. Re1 Nc4 23. g5 Nd7


23... Nh5 24. Qe2 Nxf4 25. Qxe7+ では勝負にならないと思いましたが、本譜も読み抜けがありました。

24. Bc7+! Qxc7 25. Qxc7+ Kxc7 26. Rxe7 1-0



この日は本当にダメでした。早めに試合が終わったので、急遽翌日に変更になったAczel戦の対策をします。


ここはどこ~?

そして翌朝、いつもと違う時間のバスは、途中でいつもとは違うルートを進み始めました(笑) 慌ててバスの運転手に頼んで降ろしてもらい、Hotel Berlin までの道のりを地図アプリで確認し、会場へと歩きで向かいます。席に到着したのは、試合開始のわずか2分前でした。

Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
First Saturday GM November 2018 (6)

1. d4 d5 2. c4 c6 3. cxd5 cxd5 4. Bf4 Nf6 5. e3 Nc6 6. Bd3!?



5年前の対戦では、Nf3, e3 セットアップでしたが、Aczel はここ数年、Slav Exchange をメインで使っているようです。色々と試合を見て準備してきたつもりでしたが、ナイトよりも先に2つのビショップを展開するというムーブオーダーは私の常識から外れており、完全に予想外でした。確かにこれならば、黒からのいくつかの変化を避けることができます。

6... Bg4


色々と考えてこう指すことにしました。6... a6 7. Nc3 Bg4 の変化は何年も前に指したことがありますが、今回は全く用意しておらず、あまり記憶にもありませんでした。

7. f3 Bd7


7. Qb3 Na5 8. Qa4+ Bd7 9. Qc2 e6 10. Nc3 ならば、これまで何回も指してきたラインになるのでこれを期待しましたが、白はfポーンを躊躇なく着きました。また、白からのQd1-Qb3 を警戒してビショップをd7 へと退きましたが、7... Bh5 8. Qb3 Qd7 とすることもできたようです。

8. Nc3 e6 9. Nge2 a6 10. g4



キングサイドでのプレーの幅が広がり、勝負しやすいのがf2-f3 の特徴です。Nf6-Nh5 からのビショップナイト交換の狙いも防いでいます。

10... Rc8 11. Ng3 Bb4!?


Japan League でのSamuelくんとの試合を見返し、さらには最新のゲームも見てこのビショップナイト交換のアイディアをこの試合のために用意してきました。実際には想定していたラインと違いますが、黒のピースの位置は全て同じで、このアイディアも使えるだろうと考えました。

12. Rc1 Na5 13. g5 Ng8 14. Kf2



Aczel はかなり時間を使ってこの3手の流れを選びました。黒はNg3-Nh5, Bf4-Be5 のタイミングと威力を計算しつつ、クイーンサイド中心でまずはプレーします。

14... Nc4 15. Qe2 Ne7


Bd3-Bxc4 からe5 のマスのコントロールを消されても、Ne7-Nf5 がg7 のディフェンスにピッタリなることに気付き、Ng3-Nh5, Bf4-Be5 の組み合わせを恐れずに、ナイトを組み替えに行きます。

16. a3 Bd6



16... Nxa3 17. bxa3 Bxc3 18. Nh5! だと、今度は白の白マスビショップが残っているためにNe7-Nf5 が働かず、黒は守りが厳しくなります。そのため、ここはビショップを退いて交換する1手です。

17. Bxd6 Nxd6 18. h4 O-O 19. f4 f5


まだ持ち時間の増える40手まで半分しかきていませんが、お互いに序盤でかなりの時間とエネルギーを使いました。白はキングサイドで多少攻撃のチャンスがありそうですが、Kotronias戦と違ってキングが多少不安定です。

20. gxf6 Rxf6 21. Rcg1 Be8 22. h5 Nef5



多少キング前を弱めましたが、その代わりにfファイルを開くことでf5 のコントロールを得ました。これならば黒は十分に戦えます。

23. Nxf5 Nxf5 24. Qg4 Rc7 25. Bxf5 Rxf5 26. h6 g5!?


最初は26... Bg6 と指せば、白マスビショップをb1-h7 のダイアゴナルで使うことができ、もはやバッドビショップではなく十分だろうと考えていました。しかし、時間ぎりぎりまで考えて本譜を指してみたいという誘惑に乗ることにします。ポーンを捌かなければ、将来的に白のhポーンをターゲットにできる狙いもあります。

27. Ke1 Bg6 28. fxg5 Rcf7 29. Rf1 Qxg5 30. Qxg5 Rxg5 31. Rh2



こうしてビショップvs. ナイトのエンドゲームになりました。黒のビショップはセンターのポーンと色が同じで理想的ではありませんが、それでもナイトにクイーンサイドさえ襲われることが無ければ、ビショップの強みを十分に発揮できる可能性はあります。

31... Rxf1+ 32. Kxf1 Kf7 33. Na4 Ke7 34. Ke2 Be8!


まずはナイトを追い返し、b7 を守っておきます。b5 でのチェックがダブルアタックになるため、当然ナイトは潜り込んで黒のポーンを取ることはできません。

35. Nc3 Kf6 36. Kd2 Rg4



ここは少し考えすぎて時間が落ちるかと思いました。とりあえずNc3-Ne2-Nf4 を許しても、ルークを無難な位置に置いておきます。

37. Ne2 Bg6 38. Nf4 Be4 39. Rf2 Ke7 40. Rh2 Kf6 41. Rf2 Ke7 42. Rf1!?


時間が増えてさぁこれからという局面で、Aczel の指し方は私の理解を超えました。hポーンをどうするつもりなのかと思いましたが、そこを守る負担を抱えるよりもいっそ捨てるという判断です。

42... b6 43. Kc3 Rh4



試合後にKotronias から、hポーンを取りにいく間に反撃を作られてはドローなのではないかと言われましたが、代わりに黒ができる有効なプランもないと思います。

44. Rg1 Rxh6 45. Rg7+ Kd6 46. b4


なるほど。まずは黒のa6-a5 を止めておき、それからa6 をルークで取りにいく作戦です。ここで私もかなり時間を使い、e3 を取りにいけないか、c2 でチェックした際に何かないか、慎重に考えました。しかし結論としてはこれらは上手くいかず、hポーンを伸ばすだけが黒の有効な作戦だと判断します。ただしその前に最低限、ポーンを守っておきます。

46... Kc6 47. a4 Bf5 48. Ra7 Rh1 49. Rxa6 Kb7 50. b5 h5 51. a5



ここでAczel からドローオファーがきて驚きました。このエンドゲームをドローと読み切れているのかもしれませんが、当然まだ難しいのは白です。私が受ける理由はないので続けます。

51... bxa5 52. Nxe6 Bxe6 53. Rxe6 h4 54. Re7+!


この手を指されて、やはりドローだと理解しました。54. Rh6? h3 55. Kb2 h2 は、黒がaポーンを伸ばした際に最終的に白がツークツワンクとなり、bポーンが落ちます。そのうえでキングが侵入すれば楽に黒勝ちなので、白は数手猶予があることを利用して、本譜のようにdポーンをアタックすのが正解です。

54... Kc8



手持ちのエンジンも意見が割れましたが、最終的には一番強いKomodo で、54... Kb6 55. Re6+ Kxb5 56. Rd6 Rc1+ 57. Kb2 Rg1 58. Rxd5+ Kb4 59. Rh5 Rg2+ 60. Kc1 でもドローだと判明しています。しかし、こうしてd5 を取らせてもキングが侵入して勝負するアイディアはゲーム中に考えなかったため、参考になりました

55. Re8+ Kd7 56. Re5 Kd6 57. Rh5


57. e4 dxe4 58. Rxe4 h3 59. Rh4= としてセンターのポーンを捌いても、黒はa,hファイルのポーンでは勝てません。

57... h3 58. Rh7 Rb1 1/2-1/2



こうしてエキサイティングなAczel との試合はドローに終わりました。準備不足で負けていたらアービターを恨んでいましたが、試合内容も良かったので前日の落ち込んだ気持ちが少し晴れました。しかし、まだ2つ負け越し状態であることは変わっていないので、残り3試合で少しでも取り戻したいですね。

11/03 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Todorovic, M (GM, SRB, 2435) 0-1
11/04 Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/05 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath Rao, S.V (FM, IND, 2357) 1/2-1/2
11/06 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309) 1-0
11/07 Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/08 Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1/2-1/2
11/09 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343)
11/10 Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/11 Rest Day
11/12 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Balint, V (HUN, 2299)

First Saturday GM November 2018

+4 Aczel
+3 Kotronias
+2 Todorovic
+1 Srinath
+-0 Ghannoum
-1 Audi
-2 Kojima, Nguyen, Krstulovic
-3 Balint

昨日は休日返上で試合をこなしているペアリングがいくつかありました。しかし相変わらずGM勢が強すぎます...

2018/11/07

First Saturday GM November 2018 R4


First Saturday 4R の相手は今大会最年少、ハンガリーの15歳の少年、Krstulovic です。私と同じでここまで勝ちはありませんが、白番ではGM から2つドローを取っています。近い将来、IM タイトルまでは確実に取るのではないかと思います。

Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309)
First Saturday GM November 2018 (4)

1. Nf3 d5 2. d4 Nf6 3. c4 c6 4. Nc3 dxc4 5. a4 Bf5 6. Ne5 Nbd7 7. Nxc4 Qc7 8. g3 e5 9. dxe5 Nxe5 10. Bf4 Nfd7 11. Bg2 f6



現代では11... g5 に比べて少なくなりましたが、Capablanca の時代にはれっきとしたメインラインでした。前日からあらゆるラインを復習し、これまでいかに自分がこの変化を理解していなかったかを思い知りました。

12. O-O Nc5


彼の別のゲームを見て、12... g5!? 13. Nxe5 gxf4 14. Nxd7 Qxd7 15. Qc1 Bd6 16. a5 a6 17. Ra4! と変化を準備していました。

13. Ne3 Bg6 14. b4 Rd8!?



dファイルを取るのは自然に見えますが、白には返し技があります。クイーンの行く良いマスがないので、当然といえば当然ですが。

15. Ncd5 cxd5 16. bxc5 Bxc5 17. Nxd5


このポジションは、白がしっかりd5 のマスを抑えて多少指しやすいのではないかと思います。しかし、この後の進め方は慎重に考えなくてはいけません。

17... Qf7 18. Qb3 O-O 19. Rad1 Kh8 20. Rd2



私が選んだプランは、f2 を気にしつつもdファイルにルークを並べるというものです。c,d 2つのファイルを抑える作戦もありそうですが、d5 のナイトがいつかどいた際に、dファイルをコントロールしていることが武器になると信じました。

20... Bf5 21. Rfd1 Be6 22. h3 Rfe8 23. a5!


a2-g8 のダイアゴナルをいつか外したいクイーンは、どこかでb5 辺りにずれ、黒のb7-b6 を見てa4-a5 と仕掛けることを最初に考えていました。しかし、この直前くらいで早めに白からa5 までポーンを伸ばして黒の出方を窺っても良いことに気付きます。

23... Ng6



ここは判断の難しいところですが、黒からピースを捌こうという提案です。23... b6 として早めにビショップを守る選択肢も考えられ、その場合、ポーンを捌いてこちらの孤立ポーンを消す安全策か、a5-a6 と押し込んでa7 を固定するか、白はどちらも作戦があると思います。

24. Qb5 Nxf4 25. Nxf4 Rxd2 26. Rxd2 b6 27. Qc6!?


勝ちにいくために、多少リスクのあるプレーをすることを決断しました。コンピュータは27. Nxe6 Qxe6 28. a6 でdファイルのコントロール、a7 の固定したポーンで白優勢と判断しますが、果たして異色ビショップで白がそこまでチャンスを作れるでしょうか? これが疑問で、相手のダブルビショップを残したままでも、本譜のように進めることにしました。

27... g6 28. a6 Bc8 29. Bd5 Qe7 30. Bf3 Rd8??



互いに時間の少ない中、大きなミスをしたのは相手でした。a6 がターゲットになる危険を冒してでも、勝負にいった甲斐があるというものです! dファイルを取りかえすのではなく、30... Rf8 からf6 を守る手であれば、形勢不明で戦えるでしょう。

31. Rxd8+ Qxd8 32. Qa8!+-


相手はdファイルを抑えられ続けるのを嫌ってルークを交換しましたが、バックランクとa7 が弱いためにこの手が痛手となります。これでa7 を取ってaファイルにパスポーンを作れば、後は一直線です。

32... Qf8 33. Qxa7 g5 34. Nd3 Qd6 35. Qa8 Qxg3+ 36. Bg2 Qc7 37. a7 Bd6 38. Qxc8+ 1-0



最後は38. Qf3! のほうがf6 を取れるので同じピースアップでもより良かったり、そもそもc5 のビショップを消しておくべきだったりと、時間切迫から緩手も出ましたが、相手は最後のポジションからピースダウンで粘る気力は無く、ここでゲームは終わりました。今大会、なんとかもぎ取った初勝利です!

11/03 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Todorovic, M (GM, SRB, 2435) 0-1
11/04 Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/05 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath Rao, S.V (FM, IND, 2357) 1/2-1/2
11/06 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309) 1-0
11/07 Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/08 Rest Day
11/09 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343)
11/10 Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/11 Rest Day
11/12 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Balint, V (HUN, 2299)
11/13 Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)

First Saturday GM November 2018

+3 Aczel
+2 Todorovic, Kotronias,
+-0 Srinath, Ghannoum
-1 Kojima, Nguyen, Balint
-2 Audi, Krstulovic

これはあれですね、GM がひたすら他のプレーヤーをボコボコにするタイプのGMトーナメントですね。時々、こういうことがあります。トーナメント中盤、誰がGM以外でここから勝ち越しグループに入れるか、要注目です。

2018/11/06

First Saturday GM November 2018 R3


この日は相手の都合で15時から試合スタートと告げられたため、先に始まったゲームを見学していました。今月のFirst Saturday も各クラス盛況で、インド、ベトナム、中国などアジア圏からもプレーヤーが集まっています。

Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath, R (FM, IND, 2357)
First Saturday GM November 2018 (3)

1. Nf3 Nf6 2. c4 g6 3. d4 Bg7 4. g3 O-O 5. Bg2 d6 6. O-O Nbd7 7. Nc3 e5 8. e4 exd4 9. Nxd4 Re8 10. h3 a6 11. Be3 Rb8 12. b3 Nc5



a6, Rb8 を挟むGallagher Variation も、12... b5?! 13. Qxd6! b4 14. Na4 Nxe4 15. Bxe4 は白が良くなるという研究が出て以来、こちらがメインになりつつあります。試合前にこの変化をチェックして、満足なプランを見つけてきました。

13. Qc2 Bd7 14. b4 Ne6 15. Nb3


私はこうしてナイトを退くことはこれまであまりありませんでしたが、Averukh の研究でこれが良いことを学びました。白がじっくりと組めば、黒のピースはパッシヴで恐れるような狙いを持ちません。

15... h6 16. Rad1 Ng5 17. g4 Qe7 18. Rfe1 Bc6 19. Nd2



e4 をしっかりと守ってから、f2-f4 でのナイトの追い返しと、Nc3-Nd5 の適切なタイミングを見計らいます。

19... b5 20. f4 Ngh7 21. c5 Nd7 22. Nb3


ナイトはc5 を守りよりも、Nb3-Nd4 もしくはNb3-Na5 からc6 のビショップ、さらには弱められたc6 のマスを目指すことを目的としています。

22.... Qf6 23. Nd4 Ba8 24. Nd5



コンピュータはこの手の評価も良かったのですが、試合後にc5-c6 を突かれていたら負けだったと対戦相手には指摘されました。24. c6 Nb6 25. Nd5 Nxd5 26. exd5+/- と進めば、a8 のビショップは完全にゲームから外れることになります。確かにこれは、人間の感覚では白が勝ちと言えるでしょう。この変化も読んでおきながら、c6 のマスをナイトのために空けておいたほうが良いのではないかと試合中は考えてしまいました。

24... Bxd5 25. exd5 Rbc8 26. Nc6 Qc3 27. Qf2


私のイメージしたポジションになりました。c6 に刺さったナイトはa7, e7 に跳び込むチャンスを伺い、黒にプレッシャーをかけます。

27... dxc5 28. bxc5 Bf8 29. Kh2



ここは少し迷いましたが、a7-g1 のダイアゴナルを外して、Re8-Rxe3 をかわしておくことにしました。ただし本譜の手順を完全に避けるのであれば、29. Bd4! Qa3 30. f5 g5 31. f6!+- とするのが良かったかもしれません。f4-f5 までは読んでいながら、f6 にポーンを刺せば黒は何もできなくことを見落としていました。

29... Rxe3 30. Qxe3 Qxe3 31. Rxe3 Bxc5 32. Re7


黒は生き延びるためにエクスチェンジを捨ててきます。これは十分勝ちのチャンスがあると思いましたが、じわじわと時間は減っていき、正確な手を見つけるのは難しくなります。本譜のルーク跳び込みは面白い手ですが、32. Ne7+ Kf8 33. Nxc8 Bxe3 34. Kg3 g5 35. fxg5 hxg5 36. d6 も安全に指せそうです。

32... Nb6 33. d6! cxd6 34. Rb7



私のアイディアはもう1つポーンを渡してもルークを7段目に残すと同時に、白マスビショップをアクティブにしてf7 を狙うことです。

34... Re8 35. Ne7+


35. f5 gxf5 36. Ne7+ Kf8 37. Nxf5+/- 一度諦めたf4-f5 のアイディアはここでも有効でした。

35... Kg7 36. Bc6 Rf8 37. Nd5 Nxd5 38. Bxd5 Nf6 39. Bb3 Be3 40. Kg3 g5



ここで時間が増え、さぁどうやってf7 に2つ目のルークをぶつけるかという段階に入ります。もちろんf7 だけでなく、a6, b5 もタイミングを見て取りにいきたいところです。

41. f5 h5 42. Kf3 Bf4 43. Rd3 hxg4+ 44. hxg4 Be5 45. Ra7


a6 のポーンはどこかでは必ず取れます。しかし、ここを取ることでf7 から外れ、相手のルークに反撃のチャンスを与えることには十分気を付けなくてはいけません。

45... Ng8 46. Rxa6 Rc8 47. Ra7 Nh6 48. Rb7 Rc5 49. Ke4 Rc1



このルークの跳び込みを読んでおらず、この局面で時間を使いすぎました。g4 のポーンをルークで取られるのは厄介なので、その対処法を考えます。

50. Rd1 Rc3 51. Rg1! Rc5 52. Rg2 Rc3 53. Rc2?


一度g4 をルークで守り、タイミングを見計らってcファイルでぶつけてルーク交換をする。そしてb5 を取ってaポーンを進めるという作戦は概ねOKです。しかし、本譜にはひどい読み抜けがあり、ルークをぶつけるタイミングはひどかったです。試合中に読んでいたもう1つの変化である、53. Rxb5! Ng8 54. Rxe5 dxe5 55. Kxe5 Nf6 56. Kd4 Rf3 57. Kc5+/- におとなしくして、 エクスチェンジを返してもaポーンで勝ちにいくべきでした。この変化はきちんと見つけていながらも、別のだめな変化を正解だと勘違いしたのは、この試合で最も大きな反省です。

53... Rg3 54. Rcc7


私のひどい勘違いが何だったかというと、先にf7 を取れると思ったことです。54. Bxf7?? Nxf7 55. Rcc7? d5+-+ この時に、ナイトがビショップを守っていることを完全に失念していました。

54... Rxg4+ 55. Kd3 Rd4+ 56. Ke2 Re4+ 1/2-1/2



これでは白は勝てません。相手はd-eファイルでのチャックを続けるつもりでドローオファーをしてきたので、これを受けて試合を終わらせました。完全に自分のペースで試合を作れていただけに、こうしたミスでドローに逃げ込まれてしまうとは残念です。

11/03 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Todorovic, M (GM, SRB, 2435) 0-1
11/04 Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/05 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath Rao, S.V (FM, IND, 2357) 1/2-1/2
11/06 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309)
11/07 Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/08 Rest Day
11/09 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343)
11/10 Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/11 Rest Day
11/12 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Balint, V (HUN, 2299)
11/13 Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)

First Saturday GM November 2018

+2 Aczel
+1 Todorovic, Kotronias, Ghannoum
+-0 Srinath, Nguyen
-1 Audi, Krstulovic, Balint
-2 Kojima

ポジティブに考えれば、昨日で連敗は止まりました。モンテネグロと何が違うのか探りながら、今日も初勝利を目指します。


昨晩は久々のタイ料理。早く初勝利のお祝いディナーを迎えたいですね。

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.