2015/04/06

GM Emil Sutovsky Simultaneous Event Report


昨日は上智大学で開催された、GM Emil Sutovsky のイベントに、午後の同時対局だけ顔を出してきました。ちょうど私が着いた頃に、最終的な参加メンバーが決まったところで、私の同時対局のちょうど倍、16名の参加者がいました。全て1. e4 で始まった16ボードを順に眺めながら、私はかつてミーシャから教わった、「なるべく大きなミスをして自ら崩れてしまうことのないよう、ソリッドに指そう」 という言葉を思い出していました。そんな例が分かりやすい2ゲームがあったので、今夜はそれをご紹介しておきます。

Sutovsky, E (GM, ISR) - Hasegawa, E (WCM, JPN)
GM Emil Sutovsky Simultaneous

1. e4 c6 2. d4 d5 3. Nc3 dxe4 4. Nxe4 Bf5 5. Ng3 Bg6 6. Nf3 Nd7 7. Bd3 Bxd3 8. Qxd3 Ngf6 9. O-O e6 10. Bf4 Be7 11. c4 O-O 12. Rfe1 Re8 13. Rad1 Qa5 14. a3 Rad8 15. Qc2



ここまでCaro-Kann Classical の互いにキングサイドキャスリングをする変化で、黒は満足に指していると思います。(私であれば、白マスビショップはg6 で取らせてもOK だと考えますが) ここで黒がどのように仕掛けるかですが...

15... c5?


白にセンターのブレイクを許してしまうだけで、黒に何もプラスの無いアイディアです。ここは15... b5! と指して、c4 のポーンを崩すことで、d5 にアウトポストを作るのがスタンダードなプランでしょう。

16. d5! exd5 17. cxd5 Qb6 18. d6 Bf8 19. Nf5+/-



白は黒のポーンをe6 から消したことで、f5 のマスを活用できるようになりました。こうなれば、g3 に5手目で退いたナイトを非常にアクティブに使うことができます。長谷川さんは、この後わずかなチャンスがあったようですが、こうしたポジションをGM 相手に耐え切るのは簡単ではありません。いずれにしろ、黒は間違ったブレイクの判断で、自ら崩れてしまったと言えます。

Sutovsky, E (GM, ISR) - Hori, S (JPN)
GM Emil Sutovsky Simultaneous

1. e4 e6 2. d4 d5 3. Nd2 c5 4. exd5 Qxd5 5. Ngf3 cxd4 6. Bc4 Qd6 7. O-O Nf6 8. Nb3 Nc6 9. Nbxd4 Nxd4 10. Nxd4 a6 11. c3 Qc7 12. Bd3 Be7 13. Re1 O-O 14. Qf3 Nd5 15. Qh5 Nf6 16. Qh4 Qc5 17. Bf4 Qh5 18. Qg3 Qg4



対して、同時対局参加者16人中、レイティングトップの堀さんは、フレンチでこのようなポジションを迎えました。黒はg4 でクイーンをぶつけたところですが、白にはクイーン交換を避ける方法がありません。冷静に考えれば、黒は白マスビショップの使いづらさという問題がまだ解決できていないので、クイーンを消しても白は優勢でしょう。しかし、同時対局でこうしたクイーンレスミドルゲームを持ち、アドバンテージを保ちながら丁寧に指すのは、なかなか難しいものです。(私は、Nd4-Nf5 を考えていましたが、これはあまり良くないようです。)

白マスビショップの展開を無視し、クイーンを追いかけた黒の判断に対する評価は難しいです。しかし、大きなミスではないですし、Sutovsky からすれば面倒なゲーム展開になったと感じたのではないでしょうか。この試合のここからの展開はわかりませんが、堀さんはこのゲームでドローを取ったようです。

最終的に16面同時対局は、堀さんと内田さんのみドロー、他は14敗だそうです。皆さん、負けたゲームはどこを間違えたかだけでなく、どうして間違えてしまったのかをよく振り返り、勉強の材料にしていただければと思います。白側から見て、Sutovsky の指しまわしが、どのようなものだったのかに注目するのも良いでしょうね。同時対局に参加した16名の皆さん、お疲れ様でした!

最後に今回のイベントとは関係の無いことですが、今日の朝、「日刊スゴい人!」というメルマガにて、私の紹介記事が掲載されたことを告知させていただきます。ハワイでのプレー中に森内さんから紹介していただき、こうして記事にしていただいたこと、とても光栄に思っています。こうした記事をきっかけに、チェスに興味を持ってくれる人が少しでも増えてくれると嬉しいですね。過去の出演者をチェックすると、森内さんや羽生さんを始め、私とこれまで関わりの合った人たちを見つけることができるのも興味深いです。今後も、どういったかたが出演されるか、チェックさせていただこうと思います。

【小島 慎也】日本で唯一チェスのプロプレーヤーとして活躍するスゴい人!

6 件のコメント:

ピカチュウ さんのコメント...

1局目のゲームですが ...b5はcxb5 cxb5 Bc7 Rc8 Qxh7+ Kxh7 Bxa5 とポーンを損するので とりあえず...h6と逃げておくのはいかがでしょう・・・▽o・~・o▽ それともb5のポーンはクイーンで取って...c5を狙うのでしょうか・・・? ▼o・~・o▼

Shinya_Kojima さんのコメント...

15... b5 16. cxb5 Qxb5! は黒OKです。次にc6-c5 とすれば、気になるc6 の孤立ポーンも解消できますね。
もう1つ、私はどこかでNd7-Nf8-Ng6 も考えていました。

tenkasakan さんのコメント...

内田さんの棋譜も気になりますが掲載はしないのですか?

Shinya_Kojima さんのコメント...

内田さんのゲームは完全に記憶していないのですが... 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 4. Ba4 Nf6 5. O-O Be7 6. Re1 b5 7. Bb3 d6 8. c3 O-O 9. d4 Bg4 10. Be3 Na5 11. Bc2 Nc4 12. Bc1 exd4 13. cxd4 c5 14. b3 Nb6 15. Bb2 こういった流れだったと思います。

yuki さんのコメント...

1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 4. Ba4 Nf6 5. O-O Be7 6. Re1 b5 7. Bb3 d6 8. c3 O-O 9. d4 Bg4 10. Be3 exd4 11. cxd4 Na5 12. Bc2 Nc4 13. Bc1 c5 14. b3 Nb6 15. Bb2 Re8 16. Nbd2 Bh5 17. Nf1 Bg6 18. Nh4 Nfd7 19. Nxg6 hxg6 20. f4 Nf8 21. d5 g5 22. Ng3 Ng6 23. Nh5 Bf8 24. Qg4 gxf4 25. e5 Qh4 26. Qxh4 Nxh4 27. exd6 Nd7 28. Kf2 Bxd6 29. Bxg7 Ng6 30. Bf5 Nde5 31. Bh6 Re7 32. Bg5 Rc7 33. Nf6+ Kg7 34. Nh5+ Kg8 35. h4 c4 36. Nf6+ Kg7 37. Nh5+ 1/2-1/2 です。

Shinya_Kojima さんのコメント...

ありがとうございます!

コメントを投稿

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.