2018/11/05

First Saturday GM November 2018 R2


First Saturday 2戦目はKotronias との対戦です。デノビッチでは私が白で勝利を収めましたが、今回は色が逆となります。幅広いレパートリーを持つKotronias にいくつは変化を用意して試合に臨みました。

Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
First Saturday GM November 2018 (2)

1. e4 c6 2. d4 d5 3. e5 Bf5 4. h4 Qc7 5. Nc3 a6 6. h5!?



白から早めに押し込む手は珍しいですが、少し進んでメインラインに手順前後します。白は先にh4-h5 を押し込んでおくことで、黒からh7-h5 と突かれてキングサイドを崩される可能性を消しておきます。

6... h6 7. g4 Bd7 8. Be3 e6 9. f4 c5 10. Nf3 cxd4 11. Qxd4!


黒はここまで他の選択肢がないと思います。実戦では11. Nxd4 が多いですが、これはKotronias の用意だったのでしょう。ノータイムでクイーンで取ってきました。

11... Nc6 12. Qb6 Qxb6 13. Bxb6



Sicilian のサイドラインにも、こうして白から早めにクイーンをぶつけて交換を催促するラインがあります。ダイレクトアタックのチャンスを減らしても、白はスペースのアドバンテージと、キングサイドでのアクションのチャンスをまだ持っています。

11... Bb4


ナイトビショップの交換をするかはまだ決めていませんでしたが、ここ以外にビショップを出すマスが思いつきませんでした。13... Nge7 14. 0-0-0 Nc8 15. Be3 の後、c8 のナイトは行き場に困ります。

14. Bd3 Nge7 15. O-O-O Rc8 16. Ne2 Ba5



セオリーとしては、黒マスビショップの交換は白に好ましいことをはわかっていましたが、これ以外にa2-a3 からビショップをどうするかのアイディアがありません。

17. Bxa5 Nxa5 18. b3 Nac6 19. Rhg1!?


この試合のKotronias のプレーで上手いと思ったのは、巧みにアタックのチャンスを作りつつも、多少良いエンドゲームで満足という判断をバランス良く織り交ぜた点です。g4-g5 という分かりやすいアクションを見せておきつつ、ビショップナイト交換は気にしません。

19... O-O



見た目危なそうですが、ルークがいつまでも分断されていても苦しいため、こうした形を持ってみることにします。19... Nb4 20. Kb2 Nxd3 21. cxd3 は、d4 の将来的に置けるナイトのほうが黒のバッドビショップよりも明らかに働けるため、白が多少良いエンドゲームだと考えるものです。黒の理想はビショップ同士の交換のため、Kotronias 相手にこうした悪いエンドゲームに跳び込むのは躊躇われました。

20. g5 Kh8 21. a3 Na7 22. Ned4 Nac6


なんとか白マスビショップ同士を交換したい黒ですが、なかなか上手いやりかたがりません。ここでb5 で強引にぶつけても、さらなるNf3-Nd4 からb5 が落ちてしまいます。

23. Kd2 Nxd4 24. Nxd4 Nc6 25. Nf3 Ne7 26. a4



キングをセンターに運び、そして白マスビショップの交換は許さずと、ゆっくりと白はポジションを改善していきます。

26... Rc7 27. Rg3 b5 28. a5 hxg5 29. Nxg5 Nc6?


b7-b5 をぶつけた目的は、伸ばさせたa5 をターゲットにすることでしたので、私としてはナイトをc6 に戻す以外ないと思いました。しかし、私の読みよりも白のキングサイドのアクションは強力でした。

30. Rdg1 Rcc8


30... Bc8 31. Nh7 Rg8 32. Nf6!+- をなんとか防ごうと8段目にルークを揃えましたが、これはディフェンスになっていませんでした。Ne7-Nc6 が無駄だったと認め、30... Ne7 と戻すしかありませんが、それでも白にポジショナルアドバンテージがあることは明白です。

31. Nh7 Rg8 32. h6 g6 33. Nf6 Rgd8 34. Bxg6!+-



最初はNf3-Nh2-Ng4-Nf6 のマヌーバリングを気にしていましたが、別ルートでf6 にナイトを入れられてしまいました。これで黒キングは守り切れません。このタイミングでビショップがアタックに役立つのであれば、早めにNc6-Nb4 からの交換をしておけばよかったと思わなくもないですが、それならばそれで苦しいエンドゲームになるため、非常に黒としては判断が難しかったです。

34... fxg6 35. Rxg6 Rf8 36. Nxd7 Rxf4 37. Nf6!


再びナイトがf6 に舞い戻れば、Rg6-Rg8 がメイトスレットとなるため、黒はe5 のポーンを取る暇がありません。ナイトとルークのメイトコンビネーションを見事に決められ、初戦に続いて完敗です。

37... Ne7 38. Rg7 Rf2+ 39. Ke1 Rfxc2 40. Rh7#



タクティクスでもエンドゲームでも戦えるという、GMらしい強さを垣間見たゲームでした。オリンピアードの最終戦で勝利を収めた思いれのあるラインですが、特に大きなミスすることなくずるずると負けてしまったため、このラインを指すこと自体を見直さなければいけないかもしれません。

11/03 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Todorovic, M (GM, SRB, 2435) 0-1
11/04 Kotronias, V (GM, GRE, 2469) - Kojima, S (IM, JPN, 2432) 1-0
11/05 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Srinath Rao, S.V (FM, IND, 2325)
11/06 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Krstulovic, A (FM, HUN, 2309)
11/07 Audi, A (FM, IND, 2347) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/08 Rest Day
11/09 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Nguyen, V T (CM, VIE, 2343)
11/10 Ghannoum, M (FM, CAN, 2280) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)
11/11 Rest Day
11/12 Kojima, S (IM, JPN, 2432) - Balint, V (HUN, 2299)
11/13 Aczel, G (GM, HUN, 2549) - Kojima, S (IM, JPN, 2432)

First Saturday GM November 2018

+2 Todorovic
+1 Aczel, Kotronias, Nguyen
+-0 Srinath, Balint, Ghannoum
-1 Krstulovic
-2 Kojima, Audi

GM に2連敗(Third Saturday から数えれば3連敗) でかなり苦しい状況ですが、このトーナメントはまだ始まったばかりです。ここから6試合は下との対戦が続きますので、ここで如何に負けないか、そしてどれだけ勝てるかが今大会の鍵だと割り切り、また気持ちを入れ替えてプレーを続けていこうと思います。

3 件のコメント:

R.T さんのコメント...

スペースアドバンテージを取られると如何に駒組みが難しいか、スペースが残るとエンディングで如何に有利か、という例をGMが見せてくれているようで、非常に勉強になります。結果は残念でしたが、それでも毎試合期待して見させて頂いています!

Daniel Wee さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
Daniel Wee さんのコメント...

とてもいいお勉強になりました〜ありがとうございますー次から頑張ってください‼️

コメントを投稿

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.