2014/12/10

FS 2014 December GM 4th round


2敗1ドローの崖っぷちで迎える4戦目、相手は全く同じ戦績のArngrimsson です。アイスランドから来ている彼は、このGM Section の常連ですが、私は今回が初対戦となります。(今回の参加者、全員そうですが) アイスランドのマスターとの対戦は、北京以来6年ぶり。知識も経験も豊富な相手ですが、もうこれ以上ポイントは落としたくありません。

Kojima, S (FM, JPN, 2356) - Arngrimsson, D (IM, ISL, 2386)
First Saturday Dec 2014 GM (4)

1. Nf3 d5 2. d4 Nf6 3. c4 c6 4. Nc3 dxc4 5. a4 Bf5 6. Ne5 Nbd7 7. Nxc4 Nb6 8. Ne5 a5 9. Bg5 g6!?



私が満を持して指したのは、Flumbort と同じチョイスである、9. Bg5 です。色々とラインをチェックし、なるべく負けにくいラインで勝負することにしました。これに対してArngrimsson が選んだのは、私と違う9... g6 でした。これは事前の研究通りですし、今年頭のトレーニングで原下さんとも指しています。

10. f3 Nfd7!?


これは新しいアイディアで、試合前にたまたま、幸運なことにチェックしていました。黒はe2-e4 から、ビショップを退く1テンポを損しないようにします。

11. Nxd7 Bxd7 12. e3!



これが私の用意していた手です。f2-f3 を突いたのに、センターを主張しないのは不自然にも見えますが、12. e4?! Bg7 13. Be3 Be6!=/+ と進めば、白はd4 のポーンとc4 のマスへの侵入が問題となります。本譜では白はe4 のマスを空けておき、ゆっくりとした展開で勝負します。

12... Bg7 13. Bd3 O-O 14. O-O Rc8 15. Ne4 Nd5 16. Qd2 Bf5 17. Kh1


ここはいくつかの手で迷いますが、Nd5-Nxe3, Bg7-Bxd4 のスレットを防いでおかなければいけません。

17... Nb4 18. Bc4 c5 19. d5



ここは白が良くなるのか確信が持てないながらも、dxc5 と取るわけにも、cxd4 と取らせるわけにもいかないので、突きこす1手です。この後、c4 の白マスビショップが生きてくるかが勝負のカギとなります。

19... h6?!


正直、この手は不要だと感じました。白はビショップのダイアゴナルを切り替えることができます。19... Bxe4 20. fxe4 Qd6 21. Bf4 Be5 22. Rf3+/= このe5 のアウトポストを利用される形の評価は難しいですが、黒はb4 に跳びこんだナイトがなかなか主戦場に戻れず、白がやや優位にゲームを進めることができるでしょう。

20. Bf4! Bxe4 21. fxe4 e5?!



Grunfeld などで見られるブロックエードのアイディアですが、ここはゆっくりとポジションを改善していけば、白が良くなるだろうと考えていました。私がメインの変化として恐れていたのは、21... Nc6!? 22. Rac1 Ne5 23. b3+/- という流れで、白がダブルビショップの良さ(もしくは、白マスビショップを返した場合のパスポーンの利) を生かせるかは、よく分かりませんでした。

22. Bg3 Qd6 23. Be1 Kh8 24. Qe2 Rc7(=) 25. Bc3!


互いにここまで不調でしたが、私は黒からのドローオファーを蹴って勝負を続ける決断を下します。黒がd5 のパスポーンをブロックし、ポジションを固めたままでドロー局面になるとしても、白からこの時点でゲームを切り上げる必要は全くないためです。さらに言えば、黒はb4 のナイトをの位置を切り替えられないことも、このポジションでのポイントになっているでしょう。

25... f5?



試合後に、私はArngrimsson に対して、この手が変だったのではないかと指摘しました。ダブルビショップを持たせている黒は、ポジションを自分から開くのは不自然ですし、なによりダブルポーンを解消させることは、白の手助けにしかなりません。代わりに黒は、何もせずにじっと耐えるのが良く、25... Re7 26. Rf3+/- と指すべきだったでしょう。しかし、不利な側がじっと耐えて、ポジションを崩さないようにし続ける難しさは、私自身が直前の試合で経験しています。

26. exf5 gxf5 27. Rad1+/- Rcf7 28. Rf2 b6 29. Kg1


f5 のポーンは将来的にターゲットにできそうですが、私は焦ってそれを狙うことなく、いったんキングのポジションを改善し、バックランクメイトなどに備えておくことにします。

29... Kh7 30. Qh5 e4 31. Rdf1!



ようやく白から仕掛けるタイミングです。黒マスビショップはc3 で交換して一向に構わないので、ここではf5 へのアタックを急ぎます。

31... Qg6 32. Qxg6+ Kxg6 33. d6!


これが満足なフィニッシュになることを読み切り、クイーン交換に踏み切りました。1つ読み違いがあり、結構時間がかかったのは反省点ですが、それでもこの時点で残り時間は15分残っていたので、続きも焦る必要はありません。

33... Rd7 34. Be6 Rxd6 35. Bxf5++- Rxf5



黒はエクスチェンジを捨てるしかありません。35... Kf7? 36. Bh7+ と進めば、g7 のビショップを次にとることができます。私の読み違いとは、最初はここで、36... Bf6 と黒が守れると勘違いしていたことです。単純に数が足りていませんね(笑)

36. Rxf5 Bxc3 37. bxc3 Nc2 38. h4!


この手でキングの上がるマスを作り、白キングにポーンでもプレッシャーをかければ勝負は決まりです。あとはナイトフォークを食らうようなチョンボや、パスポーンを止められなくなること(ありえないことではありますが...) にさえ気をつければ、問題ないでしょう。

38... Rd7 39. Rf6+ Kg7 40. h5 Nxe3 41. Rg6+ Kh7 42. Rff6 Rg7 43. Rxh6+ Kg8 44. Rhg6 Nd5 45. Rxg7+ Kxg7 46. Rg6+ Kh7 47. c4 Ne3 48. Rxb6 Nxc4 49. Rb5 1-0



ようやく念願の初白星をゲットし、感無量です! ドローを蹴られて敗れたArngrimsson には気の毒ですが、勝負の世界では仕方のないことですし、彼に同情するほど私もまだ余裕がありません。明日は折り返しの5戦目、セルビアのBenkovic を相手に気を引き締め直して勝負してこようと思います。

First Saturday GM Dec 2014

12/06 Kojima, S (FM, JPN, 2356) - Fang, X (CHN, 2295) 1/2-1/2
12/07 Flumbort, A (GM, HUN, 2463) - Kojima, S (FM, JPN, 2356) 1-0
12/08 Kojima, S (FM, JPN, 2356) - Medvegy, Z (GM, HUN, 2527) 0-1
12/09 Kojima, S (FM, JPN, 2356) - Arngrimsson, D (IM, ISL, 2386) 1-0
12/10 Benkovic, P (IM, SRB, 2395) - Kojima, S (FM, JPN, 2356)
12/11 Kojima, S (FM, JPN, 2356) - Dragnev, V (FM, AUT, 2364)
12/12 Fominyh, A (GM, RUS, 2438) - Kojima, S (FM, JPN, 2356)
12/13 Kojima, S (FM, JPN, 2356) - Golubov, S (RUS, 2382)
12/14 Free Day
12/15 Torma, R (IM, HUN, 2417) - Kojima, S (FM, JPN, 2356)

+3 Torma, R
+2 Medvegy, Z, Fang, X,
+1 Fominyh, A, Flumbort, A
0 Golubov, S
-1 Benkovic, P, Kojima, S
-3 Arngrimsson, D
-4 Dragnev, V

1ポーンアップで、ようやく初ポイントかと思われたDragnev がFang に負け... やはり勢いというものはあるようです。異色ビショップを勝ち切った、Medvegy のエンドゲームテクニックも、棋譜が公開され次第、チェックしておこうと思います。


この日、お昼は近くでピザを食べました。インフレが進み、地下鉄の運賃や温泉の入浴料が値上がりしても、1/8 カットのピザが200フォリント(100円)であることは、2年半前から変わりません。ブダペストではピザが、最も安くお手軽なファーストフードなのです。世界で一番宅配ピザが高いと言われる日本では、考えられないことですね。


ライトアップされたアンドラッシー通り。北に向かえばセーチェニ温泉のある市民公園に、南に向かえばクリスマスマーケットが開かれているヴルシュマルティ広場に到着します。

2 件のコメント:

Takeshi Numata さんのコメント...

こんばんは。初白星おめでとうございます。次局も勝ってポイントをイーブンの戻して下さい。
毎日facebookとブログチエックしてます。頑張って下さい。

Shinya_Kojima さんのコメント...

Numata さん、応援ありがとうございます!
こちらは前半戦が終わりましたので、後半戦も気合入れていこうと思います。

コメントを投稿

Copyright © 2011 Shinya Kojima All rights reserved.